ぱそてきらいふ!

行カレンダーを作る

一般 Menu
行カレンダー
作業は数分


行カレンダー

1日が1行のカレンダーです。日課のチェック用に数年前に作ったものですが、スケジューラや日記がわりにもなると思います。
行カレンダー

作業は数分

では早速作ってみましょう。実現方法はいくつかありますが、当時作った方法で説明します。
space
まず1行目にタイトルを入力します。日付、曜日、あとは好みです。A2に元旦の日付を入力し、B2にはTEXT関数を入力します。値はA2を参照し、表示形式を"aaa"にします。
タイトル他

A2の日付の表示形式、セル幅や文字の水平位置、タイトルの背景色を好みに設定します。
書式設定

次にA3にA2の参照+1を入力します
日付の追加

B3にB2をコピーします。(B3で[Ctrl]+[D]が簡単です。)
次に、A3とB3を選択してコピー([Ctrl]+[C])、AB列の4行〜367行を選択して、貼り付けます。([Ctrl]+[V])
日付と曜日の完成

最後に、土曜日と日曜日のセルに色を付けます。
space
まずデータ領域全体を選択します。(文字が入力されているセルで[Ctrl]+[Shift]+[*])
条件付き書式を設定します。
space
  数式が 「=$B1="土"」の時セルの色を水色
  数式が 「=$B1="日"」の時セルの色をピンク
space
条件付き書式

以上で完成です。
あとは、タイトル行のウィンドウ枠を固定したり、罫線をひいたり、といったところでしょうか。年が変わったら、シートをコピーして、A2セルの日付をその年の元旦にします。簡単に作ったわりには、重宝しています。

注意
祝日は、手作業でピンクにする必要があります。また、土曜日と祝日が重なった時に、ピンクにできない問題がありますが、その行の条件付書式を解除して、ピンクにすればよいだけです。

UP↑

2004.06.01掲載

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO