ぱそてきらいふ!

Google検索便利技

一般 Menu
Google検索
一般的なAND検索
たまに使うOR検索
フレーズは引用符「"」
絶対指定の「+」記号
消去法は「-」記号
サイトの決め打ち



Google検索

Googleは、私が最もよく利用する検索サイトです。多くの情報を素早く得られる、という印象があります。様々な検索機能がありますが、ここでは私が実際に使っている機能を紹介します。
space
はじめにGoogle検索の注意事項をすこし。
  ・アルファベットの大文字と小文字を区別しない
  ・ワイルドカードは利用できない

一般的なAND検索

最もよく利用される検索法です。複数の語句をスペースで区切って入力すれば、全ての語句を含むページがリストアップされます。
space
「A B C」→ A、B、C全てが含まれるページ

たまに使うOR検索

あることを検索するのに、複数の表現方法がある場合はOR検索を使います。「OR」は大文字で入力します。
space
「A OR B OR C」→ A、B、Cのいずれかが含まれるページ

フレーズは引用符「"」

スペースを含む語句を検索したい場合、そのまま検索するとAND検索になってしまいます。一連の語句を検索したい場合は、引用符で囲みます。
space
「This is a pen」→ Thisと、isと、aと、penが含まれるページ
「"This is a pen"」→ "This is a pen"が含まれるページ

絶対指定の「+」記号

「This is a pen」→ Thisと、isと、aと、penが含まれるページ、と書きましたが、実はそうなりません。This、is、aなど頻繁に使われる語句は、自動的に検索語から除外され、上の例では、penだけで検索されます。除外されないためには「+」記号を使います。
space
「+This +is +a pen」→ Thisと、isと、aと、penが含まれるページ

消去法は「-」記号

語句を追加して絞り込む、というAND検索は一般的ですが、検索結果から語句を除外していきたい場合もあります。「-」記号を使います。
space
「A -B -C」→ Aを含み、B、Cが含まれないページ

サイトの決め打ち

あるサイトやドメインの中だけを検索したい場合は、「site:」演算子を使います。(「site」は小文字、「http://」は不要)
space
「バナー img site:www.vector.co.jp」→ ベクターのバナー探し
「News site:co.uk」→ イギリスのニュース

但し、サブフォルダは検索できません。
space
「バナー img site:www.vector.co.jp/for_users」→ ×

また、「-site:」にすると、そのサイトやドメインが検索対象から除かれます。
UP↑

2004.06.01掲載

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO