ぱそてきらいふ!
EDiCube おまかせバナー【468x60】

ビットとバイト

一般 Menu
1.ビットとバイトの前に
2.ビットとバイト[1]
3.ビットとバイト[2]
4.補助単位
5.身近な例



2. ビットとバイト[1]

まず「デジタルの話」では、「8個の●と×の組み合わせでカタカナを表現する」ということを行いました。これは「8ビットでカタカナを表現する」、もしくは「1バイトでカタカナを表現する」、と言い換えることができます。

また、「Aさんから送られてきた16個の●と×の情報(アイ)」は、「Aさんから送られてきた16ビットの情報」、もしくは「2バイトの情報」と言うことができます。
space
文字 0と1(●と×) ビット バイト
×●××●●●× 8ビット 1バイト
アイ ×●××●●●××●××●●×● 16ビット 2バイト

もし、「1バイトでカタカナを表現する」方法で、100文字分の情報が送られてきた場合は、100バイト(800ビット)の情報、ということになります。

また、「テキストとバイナリ」では、「01abABあい」に改行を追加して、テキストファイルを保存しました。

シフトJISでは、半角文字は8個の0と1(16進数では2桁)、全角文字と改行は16個の0と1(16進数では4桁)で管理されていますから、「01abAB」は6バイト、「あい」は4バイト、「改行」は2バイトの情報、と言うことができます。

そしてこの合計12バイトの情報は、そのままテキストファイルのファイルサイズになります。
space
文字 0と1(16進数) ビット バイト
01abAB 30 31 61 62 41 42 48ビット 6バイト
あい 82A0 82A2 32ビット 4バイト
改行 0D0A 16ビット 2バイト
合計 96ビット 12バイト

もし、シフトJISで全角文字400字のテキストファイルを作成すれば、その情報は800バイトであり、ファイルサイズも800バイトになります。

<Previous    Next>

2004.07.08掲載

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO